とつぜん前が見えない!!…スマホ操作の危険性を体験、レクサス NX 改造車[動画](210410)

レクサス(Lexus)の米国部門は4月6日、運転中のスマートフォン操作の危険性を警告する映像『Driving Disrupted』を、公式サイトを通じて公開した。

レクサスが、この映像を4月6日に公開したのには、理由がある。米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)の調査によると、運転中のドライバーがスマートフォンを操作してメッセージを送受信するのに、平均4.6秒かかるという。

NX(エヌエックス、Lexus NX)は、トヨタ自動車が展開する高級車ブランド「レクサス」が販売するクロスオーバーSUVである。 「NX」は、「Premium Urban Sports Gear」をコンセプトに、都会を機敏に駆け抜ける高い走行性能と、SUVらしい力強さを兼ね備えた「レクサス
28キロバイト (3,568 語) – 2021年1月29日 (金) 00:31

コンセプトカーのデザインをそのまま再現したようなスタイリッシュなデザインのSUV。高い塗装技術によりボディの陰影が強調され、硬質な雰囲気を放つ。走りはレクサスブランドらしいスポーティなもので、鍛えられた足回りでボディを軽快に運ぶ、2リッターターボエンジンとハイブリッドが用意されており、軽快な走りは共通しているが、特にハイブリッドはモーターアシストによるスムーズな加速と燃費が魅力。