トヨタが最新の高度運転支援機能「アドバンストドライブ」発表 「レクサスLS」「トヨタ・ミライ」から搭載(210410)

LS(エルエス、Lexus LS)は、トヨタ自動車が展開する高級車ブランド「レクサス」のフラッグシップセダンとして販売されているセダン(Fセグメント)である。 2019年現在で販売されているのは5代目モデルであるが、初代から3代目モデルまで、日本国内に限ってはトヨタブランド(トヨタ店・トヨペット店)
52キロバイト (6,409 語) – 2021年4月9日 (金) 00:37

レクサスの誇るフラッグシップセダン。2020年11月にマイナーチェンジを実施。パワートレーンやサスペンション、シート縫い位置などの細部に至るまで徹底的なつくりこみを実施。エクステリアは、ヘッドランプまわりの意匠変更やフロントグリルとリヤコンビネーションランプの表面処理を変更。ボディカラーには、新色の「銀影(ぎんえい)ラスター」を設定する。インテリアは、タッチディスプレイを採用し操作性向上。また、銀糸を織り込んだ西陣織とプラチナ箔など、匠の手によってつくられる素材を取り入れ、日本的な美的要素を取り入れている。3.5リッターV型6気筒ツインターボエンジンは、燃焼室形状の最適化により、燃焼効率を向上することで、トルクの立ち上がり、出力、燃費性能、静粛性を向上した。