自動車保険の考え方

「自分は安全運転だから自分から事故を起こすことはないから、自賠責保険で十分」と考えている方
強制保険(自賠責保険)しか入っていない方でこのように言う人はよくいます。

では次の場合どうなるか知っていますか?

あなたの車は青信号で交差点に侵入、歩行者が赤信号で交差点に飛び出しはねてしまった。
この場合、あなたの過失はゼロではありません。
あなたの過失は30%と決められることもあります。
また、交差点内で黄色に変わったとしたら、あなたの過失は50%になることも考えられます。
また、場所が住宅街や商店街、はねた相手が児童や高齢者だった場合さらに10~30%加算されることもあります。

もし被害者が死亡して賠償額が1憶円と決められたらどうでしょう?
相手に過失があったとしても、5,000万円の賠償金が請求される場合もゼロではありません。
自賠責保険で支払われるのは、死亡で最高3,000万円です。
差額の2,000万円は自己負担しなければなりません。
2,000万円を持っていなければ、給与などの収入が差し押さえられます。
あなたが生活するのに必要な分を差し引いて残りはすべて賠償金に充てられます。
一生何の楽しみもなく仕事を続けるだけという生活が続くことにもなり兼ねません。

死亡ではなく後遺障害の場合はさらにたいへんです。
過去の判例では3憶円以上の高額な賠償額になった例もあります。

自分は悪くないと言っても、ハンドルを握るとそれだけ責任がついて回るものです。
その自覚のないまま事故を起こし「こんなことになるとは思わなかった」と言ってもあとの祭りです。

自賠責保険しか入っていない人は今までがラッキーだったのだと思って、ぜひ任意保険の加入を検討しましょう。

対人賠償、対物賠償、搭乗者傷害の三つに入っておく
「そういうことなら任意保険に入っておかないと」と思ってもどんな保険に入ればいいのかわからない。
車のディーラーや保険代理店の人に勧められるままに入っていいの?
そう思う人もいるでしょう。
そういう人はまず何のために自動車保険に入るのか考えてみましょう。
先ほどの例のように、他人を死傷させてしまったり、他人の物を壊してしまったりしたときの損害賠償のために入るという考えの方が最も多いと思われます。
 このための保険としては、対人賠償保険と対物賠償保険、それと自分の車に乗っている他人の補償(自分も含む)として搭乗者傷害。この三つの保険に入っておくのがいいでしょう。
 
対人賠償の補償額は無制限に
 後遺障害の賠償額が3憶円を超える場合もあるのですから、補償額は無制限にしておくことです。
実際、保険金が2憶円の場合と無制限の場合とで、保険料にそれほど大きな違いはありません。
対物賠償も補償額は無制限に
 物損事故については、自賠責保険は何の補償もありません。ですから、対物賠償は必ず入っておくべき保険と言えます。
 また、補償額も対人賠償と同じく無制限にしておくのが無難です。
 車対車の事故の場合、積み荷に対しても賠償しなければなりません。積み荷に高価な物が積まれていたために2憶円以上の賠償額の支払い命令が出た判例もあります。
搭乗者傷害保険は人身傷害保険の項目で説明します。

更新日:

お見積りフリーダイヤル

Copyright© 自動車ルンルン , 2018 All Rights Reserved.