自動車保険の選び方

最近では「若者の○○離れ」といった表現が多用されていますが、その中で「若者の車離れ」について見聞きしたことがあるという方も多いのではないでしょうか?しかしながら、車離れが進んでいると言われている一方で、街中にはたくさんの車が走っています。自動車事故も毎日のように発生しています。その万が一に備えるのが自動車保険なのですが、選び方がわからないまま適当な自動車保険に加入している方も少なくありません。そうなってくると、いざというときに自動車保険が役に立たないというリスクも高まってきます。ここでは、自分に役立つ自動車保険を選べるように自動車保険の選び方についてご紹介していきたいと思います。

・保険会社で選ぶ
自動車保険の選び方ということですが、自動車保険というのは保険会社で選ぶことができます。保険会社で選ぶというと、それこそネームバリューのみで選ぶものと思ってしまいそうですが、一口に保険会社といってもさまざまな角度から選んでいくことができるのです。もちろん、ネームバリューで選ぶというのもひとつのアプローチです。テレビコマーシャルでよく見聞きするような大手の保険会社であれば、大手であるというだけで安心感も得られるでしょう。大手だからこその品質やサービスといったものも期待できます。
もうひとつのアプローチとしては、その保険会社が提供している自動車保険のタイプです。自動車保険にもいろいろなものがありますが、自動車保険には代理店型のものとダイレクト型のものがあります。ダイレクト型のものは通販型とも呼ばれることがあります。代理店型というのは昔からよく知られている自動車保険のタイプで、代理店を通じて自動車保険に加入することになります。何かあったときの対応も代理店の担当者の方を通じて、保険会社のほうとやり取りしていくことになります。一方で、ダイレクト型は最近になって一般的になったタイプの自動車保険で、電話やインターネットを通じて直接自動車保険に加入することとなります。ダイレクト型ではユーザーお保険会社が直接契約を交わすことになりますし、何かあったときにも専門スタッフの方と直接やり取りをしていくことになります。どちらが安心できるのかは人それぞれですので、自分のスタイルに合ったものを選びましょう。
さらに、スタッフの方との相性といったものもひとつの選ぶ基準となってくるかもしれません。もちろん、一生同じスタッフの方と関わるわけではありません。途中でスタッフの方が変わる可能性のほうが高いでしょう。たくさん働いているスタッフのひとりでしかないのですが、それでもスタッフの方からそこがどのような会社なのかある程度判断できる部分もあるかと思います。特に、自動車保険というのは万が一に備えるものです。万が一のときにはパニックになる方がほとんどですから、そういうときでも安心して任せられるようなスタッフ、会社であることが望ましいでしょう。対面や電話、メールなどさまざまな形でやり取りしていくことになるかと思いますが、親身になってくれるのか、質問に対してきちんと答えてくれるのかといった部分もチェックしていきたいところです。万が一に備えるための自動車保険ですので、安心して任せられるのかも大事なポイントになってくるのです。

・ロードサービスで選ぶ
テレビを見ている方であれば、自動車保険のテレビコマーシャルというのは本当に頻繁に見聞きしているかと思います。自動車保険のテレビコマーシャルを見聞きしていると、「ロードサービス」といった言葉がよく出てくるかと思います。実は、このロードサービスも自動車保険を選ぶ際のポイントになってきます。
車を運転していると、パンクやガス欠、バッテリー上がりといったさまざまなトラブルに見舞われるものです。これらの応急処置はもちろん、レッカーによる移動が可能なレッカーサービスといったものがロードサービスでは期待できます。他にも遠方で交通事故を起こしてしまったり、交通事故に巻き込まれてしまったりすることがあるかもしれません。そういう場合には宿泊費用や帰宅費用といったものも必要になってくるかと思いますが、ロードサービスではこういった宿泊費用や帰宅費用の補填などのサポートも期待できます。
ロードサービスというと、自動付帯のイメージが強いかと思います。実際に、ロードサービスが自動付帯となっている自動車保険もかなり多くなっています。ただ、だからといってすべてのロードサービスが同じというわけではありません。そのロードサービスでどのようなサポートをしてもらえるのか、サポートを受けるためにはどういう条件が必要なのかといった部分はそれぞれの自動車保険で違ってきます。ロードサービスの内容や条件をしっかりと確認し、そこから自動車保険を選んでいくことも大切なのです。

・保険料と補償内容のバランスで選ぶ
先でも自動車保険のテレビコマーシャルの話に触れましたが、自動車保険というといかに保険料を抑えるのかといった部分が重視されがちです。実際に、保険料の節約は大切です。ただ、保険料ばかりを見ていると肝心の補償内容が薄っぺらくなってしまうものです。つまり、自動車保険を選ぶ上では、保険料と補償内容のバランスといったものを考えなければいけないのです。ユーザーの許容範囲の保険料の中で、いかに補償内容の充実した自動車保険に加入するかが大切なのです。
どれくらいの保険料が許容範囲なのか、どのような補償が必要になるのかという部分に関しては、ケースバイケースです。人によって事情は異なってくるでしょう。だからこそ、自分自身でしっかりと確認をするだけではなく、専門家への相談といったものもおこなっておいたほうが安心です。
自動車保険にも補償内容が最初から決まっているものもあれば、ユーザーのほうでカスタマイズできるようになっているものもあります。どのようなタイプの自動車保険を選ぶにしても、自分にとって必要な補償があるのか、無駄な補償がないのかといった部分を確認しておきましょう。理想は保険料を抑えながら、自分に必要な補償のみに絞るというスタイルでしょう。逆に言えば、保険料を抑えられないまま、自分に必要のない補償ばかりという結果はもっとも避けるべきものなのです。保険料と補償内容の両方のバランスを考えて、自動車保険を選ぶようにしましょう。

・自動車保険はどう探す?
これまで自動車保険の選び方についてご紹介してきましたが、最後に自動車保険の探し方について触れておきたいと思います。
自動車保険会社というのは、本当に思っている以上に多いものです。ただ、そのひとつひとつを細かくチェックしていくのは現実的ではありません。それではいつまで経っても自動車保険に加入することができないでしょう。大切なのは、絞り込んだ上で比較検討することです。自分自身で自動車保険会社をピックアップして地道に比較検討していくのもいいでしょうが、今は自動車保険の一括見積ができるようになっています。そういったものを利用すると、簡単に自動車保険会社をピックアップすることができますし、比較検討もすぐにできます。
また、口コミから自動車保険を探すのもいいかもしれません。もちろん、基本的に口コミというのは主観的なものですが、口コミをチェックしていくと大まかな傾向がつかめるかと思います。どんなにいい商品、いいサービスでも賛否はわかれるものです。それを踏まえた上で、自動車保険の口コミをチェックしておくと自動車保険探しに役立ってくれることでしょう。
口コミと似ている部分もありますが、自分の周りで実際に自動車保険に加入している人から直接話を聞くのもいいでしょう。利用者の生の声というのは、とても貴重です。もちろん、それですべてを判断してはいけませんが、参考になる話も聞けるでしょう。

投稿日:

お見積りフリーダイヤル

Copyright© 自動車ルンルン , 2018 All Rights Reserved.