EV

thumbnail image EV

シボレー・ボルトが「燃える」可能性にて全数リコール!シボレー「ガレージに置かないよう」「他の車と15m間隔を開けて駐車して」「充電中は目を離すな」。今後誰も買わなさそうだ・・・

| これだけ大ぴらに報じられて全数リコール、そしてメーカーが不具合を認めたとなると今後の販売はかなり苦しいだろう |場合によってはEVは自動車メーカーの首を絞めることになりかねないさて、日本では無縁の話ではありますが、アメリカでいまホットな話題が「シボレー・ボルトの火災」。シボレー・ボルトはここ最近バッテリーが原因と見られる火災が相次いでおり、GMはすべてのシボレー・ボルトEVとボルトEUVとをリ...
thumbnail image ■そのほか車関連のネタなど

以前に「ケーニグセグっぽい」2300馬力のハイパーカーを発表したエレクトロン。今回はまた別の「マクラーレンっぽい」ハイパーカー、1400馬力のトゥルーヴァを発表

| どんどんこういったハイパーカーが登場するが、おそらくそのほとんどが実現できないままに終わるだろう |それでもこういったプロジェクトが次々出ることが理解できないさて、エレクトリックハイパーカーメーカー「エレクトロン」がニューモデル「トゥルーヴァ(Truva)」を発表。なお、このエレクトロンについては「なんか聞いたことがあるな」と思う人も多いハズで、というのも今年4月に「システム総出力は2,300...
thumbnail image ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ソニーは「ヴィジョンSコンセプト」の開発を継続中なるも、現時点ではその方向性が定まらず「何ができるのか、どういったクルマにすべきか」思案中

| おそらくヴィジョンSコンセプトが市販されるのは間違いなさそうだが |そしてアップルカーよりも先に登場することになりそうださて、もう一年近く「アップルカー」に関する話題が飛び交っている状態ですが(最初に話が出たのは10年以上も前)、やはり電子機器業界に属するソニーも自動車業界への参入可能性を探っており、2020年1月には「ヴィジョンSコンセプト( Vision-S Concept )」を発表して...
thumbnail image ■そのほか車関連のネタなど

中国のEVメーカーは現在300社、さすがに中国政府も「多すぎ」と語る。しかし半年前には「400社」が存在し、6ヶ月で100社も倒産

| 中国の「起業ブーム」「流行に乗る勢い」は凄まじい |それにしても、よく起業のための資金をかき集めることができるものださて、中国は「EV生産台数世界No.1」を目指しており、国策としても電気自動車の普及を進めていますが、そのEVを作るメーカーはなんと300社も存在する模様。ただ、今年4月の報道では「400社」あるということだったので、半年もたたないうちに「100社も減ってしまった」ということにな...
thumbnail image EV

トヨタ、全固体電池搭載EVの開発めど立たず

続きを読む...
thumbnail image EV

トヨタが「bZ4Xでは10年後のバッテリー残存率90%を目指す」と発表!なおプリウスPHVでは60〜65%にとどまる

| 現在、バッテリー容量残存率は”10年で半分が常識”とも言われるが |それを考えるとトヨタの計画はあまりに野心的と考えられるさて、トヨタは、バッテリーと電動化に関するカンファレンスにおいて、新型電気自動車のバッテリーの耐久性を大幅に向上させることを発表。この「新型電気自動車」とはつまりbZ4Xの市販モデル、そしてそれ以降のBEVを意味しますが、具体的には10年間の使用で初期のバッテリー容量(およ...
thumbnail image EV

トヨタ 全固体電池を搭載したEV電気自動車を発表(画像あり)

続きを読む...
thumbnail image ■そのほか車関連のネタなど

EVの火災発生率はガソリン車の2倍!かつEVは深刻かつ大規模リコールが多く、メーカーに大きなダメージを与えている模様。消費者にとっては車両コスト高、任意保険高騰など負担増か

| このまま「未体験ゾーン」へと一気に踏み込むと、自動車メーカーを苦しめ、社会的にも大きな問題を引き起こす可能性がありそうだ |やはりもうちょっとエレクトリック化はゆっくり進んだほうがいいのだと思うさて、世の中はこれからますますエレクトリック化へと向けて動いてゆくことになりますが、CNBCの報道によると、EVは新しい技術ゆえに、自動車メーカーはその開発に数十億ドルを費やしているだけではなく、予期で...
thumbnail image EV

【動画】テスラ・モデルSプレッドがニュルにアタック→ポルシェ・タイカンを破り「EV最速」の7分35秒を記録!「4ドア」だと総合3位、BMW M5よりも速いタイム

| もともとテスラ・モデルSプレッドは相当なポテンシャルを持つと考えられていたが |おそらくポルシェも黙っていないだろうさて、テスラが公式に「モデルSプレッドがニュルブルクリンクにおける市販EV最速のラップタイムを記録した」と発表。テスラによるとドライバーはアンドレアス・シモンセン(ニコ・ロズベルグではなかった・・・)、コースは20.8キロ(長い方)のレイアウト、そのタイムは7分35秒579、最高...
thumbnail image EV

ポルシェ・タイカンの受注は「当初計画の倍」以上!現在では納車待ちの列が半年先にまで伸びたようだ

| さすがにポルシェ・タイカンがここまで売れるとは考えてなかった |新規参入組の中では「もっとも成功したEV」となるかさて、ポルシェCEO、オリバー・ブルーメ氏が「タイカンの需要は依然として強く、現在で納車待ち期間は6ヶ月に伸びた」とコメント。加えて、タイカンの生産能力は年間2万台を計画していたものの、今年の上半期だけで2万台の受注があったことも明かしています。なお、同氏が言う通り、タイカンはもと...
thumbnail image EV

小泉進次郎環境相「軽EVを普及拡大させる。ガソリン車の軽自動車価格で買えるように支援していく」

続きを読む...
thumbnail image EV

スバル【新型EV ソルテラ】は、シンメトリカルAWDを採用、2022年年央発売

続きを読む...
thumbnail image EV

BMWが電動バイク「Vision AMBY 」、電動アシストバイク「i Vision AMBY」発表!スマホをキー代わりに使用できるアーバンモビリティ

| BMWは二輪にせよ四輪にせよ「アーバンモビリティ」に集中しているようだ |かたや電動バイク、かたや電動アシスト自転車さて、BMWはミュンヘン・モーターショー(IAA)にてコンパクトEVの「i ヴィジョン・サーキュラーコンセプト」を発表するなど「シティコミューター」としてのEVを中心に押し出しており、メルセデス・ベンツがハイパフォーマンスモデル「AMG EQS53 S 4MATIC+」を公開した...
thumbnail image ハイブリッド

EVに関する世論調査。テスラはライバルが増える中でも支持率を上げ、BMWや日産など既発組は「期待はずれ」、トヨタ・スバルなど「未発売組」への期待が高い

| あらためてライバルを寄せ付けないテスラの強さ、そしてトヨタやホンダ、スバルといった日本の自動車メーカーに対する信頼の高さに驚かされる |一方、アメリカ人は本当にアメ車を信頼していないようださて、EVに関しては様々な市場調査報告があり、最近のものだと「北米市場にて、41%の人が”次に買うのはEV”だとコメントしている」というものも。そして今回、CarGuruもEVに関する市場調査を行い、ネット上...
thumbnail image EV

フォルクスワーゲンが「最安」260万円のEV、ID.Lifeを発表!使い勝手や収納性、日常性を考慮するも「石のような」外観はちょっとナゾ

| おそらくはテスラの発売するエントリーモデルと真っ向からぶつかることになりそうだ |ただし発売は4年先の2025年さて、フォルクスワーゲンはエレクトリックカーブランド「ID」を展開していますが、今回はそのエントリーモデルとなる「ID.Life(ライフ)」をミュンヘン・モーターショーにて公開。登場時期は2025年(2年前倒しされている)、価格は2万ユーロ(約260万円)からだとされるので、テスラが...
thumbnail image EV

ポルシェ911のレストモッドがガルフカラーとともに登場!500馬力、カーボンボディを身にまとい0−100km/h加速は4秒以下、航続距離は289km

| これからは「エレクトリック・レストモッド」が増えることになりそうだ |ただしその価格は安くはなく、ベース車両抜きで約4000万円さて、ポルシェ911やフォードGTをEVへとコンバートしたことで名を知られるようになった英国のエヴァラッティ(Everrati)。今回は英国にて開催されたサロン・プリヴェにてピュアエレクトリックカーへと改装された964世代のポルシェ911を展示して話題を呼んでいます。...
thumbnail image >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【動画】こんなに一気に新型車を発表して大丈夫?メルセデス・ベンツがGLBのピュアEV版「EQB」を公開。2022年はじめに販売開始

| まさかここまで一度に大量のEVを発表してくるとは |ベースグレードはテスラ・モデルYに対抗する価格設定を持つと言われるさて、メルセデス・ベンツのピュアエレクトリックシリーズである「EQ」の攻勢はとどまることを知らず、2022年はじめから一部地域において「EQB」を発売すると発表。これは大人気のSUV、GLBをベースにEV化したもので、「GLAの車体を利用してEQAを」作ったのと同じ手法ですね。...
thumbnail image EV

BMWが2040年のコンパクトEV、「i ヴィジョン サーキュラー コンセプト」を発表。今から20年後の自動車がどうなるのかはまったく想像できないな・・・

| 20年前も今の自動車に採用される技術やデザインを想像できなかった |ステアリングホイールがあるところを見ると、BMWは2040年でも完全自動運転はムッリだと考えているのかもさて、BMWがミュンヘン・モーターショー(IAA)にて「BMW i Vision Circular Concept(サーキュラーコンセプト)」を発表。このほかにはすでに公開済みのiXやi4、コンセプトカーとしてのiX5 ハイ...
お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました