>日産/インフィニティ(Infinity)

thumbnail image ■そのほか車関連のネタなど

米にて「もっとも愛着と興奮を感じる」カーブランドのトップは同率でダッジとポルシェ!トヨタ、ホンダ、スバルは下位に沈み、日本勢だと日産がトップ

| プレミアムブランドでもっともスコアを伸ばしたのは「ジェネシス」 |今年の調査結果はちょっと意外だったさて、調査会社であるJ.D. パワー社が発表した米国の自動車性能・実行・レイアウト(APEAL)調査によると、「もっとも支持されている自動車ブランドはダッジとポルシェ」という結果に。両者ともハイパフォーマンスを標榜するものの異なる特性を持つブランドで、ポルシェは常に最新の技術を追求し、一方のダッ...
thumbnail image ■そのほか車関連のネタなど

販売不振も高齢もなんのその!ツイッターやインスタグラムほかネット上で最も話題になっているクルマは「日産GT-R」

| ただしR35のみではなく、歴代GT-Rもここに含まれるものと思われる |いつもどおりBMWや、メルセデスベンツ、そしてフェラーリも意外と少ないさて、先日2022年モデル、そして最新限定モデルT-Specが追加されたばかりのR35 GT-R。その発売は2007年であり、大きな変更がないままにこれまで継続して販売されているために「古さ」が指摘されているのも事実です。 ...
thumbnail image 限定

日産R35 GT-Rが豪州にて販売終了!発表されたばかりのGT-R T-Specは事実上「最後のGT-R」に。なお、今年は19台しか売れていないにもかかわらずT-Specの割当は50台

| オーストラリアでは、すでにホンダNSXも販売終了 |規制開始前の駆け込みのため、日本よりも早くT-Specの納車がなされそうださて、日産は「2022年モデルのGT-R」を発表したところですが、残念なことにオーストラリアでは2021年10月31日をもってGT-Rの販売が終了する、とのこと。その理由としては「新しい衝突安全基準に対応できないから」だそうで、報道によれば「2017年11月以前に発売さ...
thumbnail image 限定

日産が2022年モデルのGT-R発表!100台限定、ボディカラーにR34 GT-Rの外板色をイメージした「ミッドナイトパープル」「ミレニアムジェイド」を持つ「T-Spec」が追加

| GT-R T-Specは走りに特化した仕様を持つ価値の高いモデル |そろそろGT-Rの販売も終了される可能性もあり、今回のT-Specは高い人気を集めそうださて、日産が予告通り2022年モデルのGT-Rを発表。「ピュア・エディション」「ブラック・エディション」「プレミアム・エディション」「トラックエディション・エンジニアード・バイ・ニスモ」に加え、特別仕様車として「GT-Rプレミアムエディショ...
thumbnail image カスタム

新型フェアレディZのフロントを「Z32風に」コンバートしたレンダリングが登場!しかもLED化など未来的な雰囲気に

| あわせてリアもさらに「Z32風」にイメージチェンジ |なぜ新型フェアレディのリアが「Z32」を意識したデザインなのかは「謎」さて、新型フェアレディZは「初代フェアレディZ(S30)へのオマージュ」であることが日産から公表されていますが、そのリアに関しては「Z32」をモチーフとしたということも公式にアナウンスされています。そして今回、7デザインズのリードデザイナー、シーム・ペールン氏が新型フェア...
thumbnail image >マツダ(MAZDA)

2021年8月の国産車登録ランキング!ミニバンが影を潜めSUVが強く、個別だと日産リーフとノートがじわり上昇。ヴェゼルは思ったほど伸びず

| モデルチェンジを行ったアクアも販売が伸長し、トヨタはすべからくモデルチェンジを成功させているようだ |ただし今後は「チップ」「部品」不足によって先行き不透明さて、2021年8月の日本国内自動車登録状況。全体として169万9509台が登録されており、これは前年比で107.9%という数字ですが、昨今は「チップ不足」「東南アジアからのパーツが入ってこない」ために車体の生産ができないという報道が相次い...
thumbnail image EV

シルビア復活?まさかの日産公式、初代シルビアをイメージした「エレクトリック世代の新型シルビア」がレンダリングにて登場

| シルビアはいつの時代も先進的な試みが投入された意欲作だった |さすがに日産のデザイナーだけあって初代シルビアの特徴がしっかり反映されているさて、ヨーロッパ日産デザイン担当副社長、マシュー・ウィーバー氏がエレクトリック世代の「新型シルビア」をデザイン。これは「日産の歴史上の車を電気自動車の未来に向けて再構築する」というコンセプトにて作成されたものですが、注目すべきはS13でもS14でもS15でも...
thumbnail image 日産

【動画】えっ?マセラティ・クワトロポルテと日産車が共通したデザインを持っている?デザイナーがその類似性を検証

| 現代ではデザイン手法があるていど固まっており、かつ法規制等を考慮するとどうしても似たようなデザインになる傾向も |とくにサルーン、SUVではその傾向が強いようださて、カーデザイナーそしてユーチューバーでもあるスケッチモンキー氏が「マセラティ・クワトロポルテとインフィニティQ70Lは同じクルマなんじゃないか」という動画を公開。もちろん日産とマセラティとは提携関係になく、車体やパーツの共有などある...
thumbnail image ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産がフェアレディZの「将来」について早くも言及!「需要がある限りZは継続させる。絶対にだ」。ただし新型Zの販売動向が鍵を握る

| フェアレディZは単なる製品の枠を超えて「もはや文化」 |ただし日産にそのための資金があるかどうかはちょっと疑問さて、発表以後も様々な方面で話題になっている新型フェアレディZ。やはり話題のメインはその価格で、400馬力というハイパワーにもかかわらず、その価格が北米では4万ドル(日本円で440万円くらい)に抑えられるであろうことがウワサとなっているわけですね(ただ、様々なオプションパッケージが用意...
お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました