>テスラ(TESLA)

thumbnail image ■そのほか車関連のネタなど

米にて「もっとも愛着と興奮を感じる」カーブランドのトップは同率でダッジとポルシェ!トヨタ、ホンダ、スバルは下位に沈み、日本勢だと日産がトップ

| プレミアムブランドでもっともスコアを伸ばしたのは「ジェネシス」 |今年の調査結果はちょっと意外だったさて、調査会社であるJ.D. パワー社が発表した米国の自動車性能・実行・レイアウト(APEAL)調査によると、「もっとも支持されている自動車ブランドはダッジとポルシェ」という結果に。両者ともハイパフォーマンスを標榜するものの異なる特性を持つブランドで、ポルシェは常に最新の技術を追求し、一方のダッ...
thumbnail image ホイール

【動画】同じテスラ・モデルYを2台用意し、「19インチホイール」「20インチホイール」を装着して同じルートを走ってみた!なんと7%も走行距離に差が出るという結果に

| たった1インチの違いでもけっこうな電費の差があるようだ |トータルでの航続距離にあてはめると、満充電状態からの航続距離で36キロもの差が出るようださて、テスラオーナーにしてユーチューバー、「テスラ・カナック」氏が非常に興味深い動画を公開。簡単に言うと、2台のテスラ・モデルYを用意し、片方には標準の19インチホイール/タイヤ、もう片方にはオプションの20インチホイール/タイヤを装着して同じルート...
thumbnail image ■そのほか車関連のネタなど

EVの火災発生率はガソリン車の2倍!かつEVは深刻かつ大規模リコールが多く、メーカーに大きなダメージを与えている模様。消費者にとっては車両コスト高、任意保険高騰など負担増か

| このまま「未体験ゾーン」へと一気に踏み込むと、自動車メーカーを苦しめ、社会的にも大きな問題を引き起こす可能性がありそうだ |やはりもうちょっとエレクトリック化はゆっくり進んだほうがいいのだと思うさて、世の中はこれからますますエレクトリック化へと向けて動いてゆくことになりますが、CNBCの報道によると、EVは新しい技術ゆえに、自動車メーカーはその開発に数十億ドルを費やしているだけではなく、予期で...
thumbnail image EV

【動画】テスラ・モデルSプレッドがニュルにアタック→ポルシェ・タイカンを破り「EV最速」の7分35秒を記録!「4ドア」だと総合3位、BMW M5よりも速いタイム

| もともとテスラ・モデルSプレッドは相当なポテンシャルを持つと考えられていたが |おそらくポルシェも黙っていないだろうさて、テスラが公式に「モデルSプレッドがニュルブルクリンクにおける市販EV最速のラップタイムを記録した」と発表。テスラによるとドライバーはアンドレアス・シモンセン(ニコ・ロズベルグではなかった・・・)、コースは20.8キロ(長い方)のレイアウト、そのタイムは7分35秒579、最高...
thumbnail image >テスラ(TESLA)

テスラの「8月の中国生産と輸出が最高」に。なんだかんだ言って誰もテスラの勢いを止めることができないようだ。誰もが「中国工場は失敗する」と予測していたが

| テスラが中国に工場を作ると言ったとき、だれもが否定的でここまでの成功を予想していなかった |いまのところテスラには決定的な「失敗」はないさて、テスラが8月の中国製(MIC)モデル3/モデルYについて、販売・輸出を大幅に拡大し、過去最高を記録した、とのこと。具体的には前年同月比275%増の4万4,264台となっており、中国では抗議活動や様々な逆風にて「販売に苦戦している」と報じられる割にはかなり...
thumbnail image ハイブリッド

EVに関する世論調査。テスラはライバルが増える中でも支持率を上げ、BMWや日産など既発組は「期待はずれ」、トヨタ・スバルなど「未発売組」への期待が高い

| あらためてライバルを寄せ付けないテスラの強さ、そしてトヨタやホンダ、スバルといった日本の自動車メーカーに対する信頼の高さに驚かされる |一方、アメリカ人は本当にアメ車を信頼していないようださて、EVに関しては様々な市場調査報告があり、最近のものだと「北米市場にて、41%の人が”次に買うのはEV”だとコメントしている」というものも。そして今回、CarGuruもEVに関する市場調査を行い、ネット上...
thumbnail image ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型テスラ・ロードスターの発売はさらに遅れて2023年に!コンセプトの登場が2017年なので「6年越し」のプロジェクトに。なお理由としてはチップ不足含むサプライチェーンの問題

| おそらくは新型ロードスター同様、新型車を発売できないメーカーも多そうだ |このチップ不足はどうやら想像を絶する問題へと発展しそうさて、テスラCEO、イーロン・マスク氏の最新のツイートによると、新型ロードスターの発売(納車)がさらに遅れ、2023年となる模様。この新型テスラ・ロードスターは2017年にコンセプトモデルが発表され、当初の予定だと2020年にデリバリーされる予定だったものの、その後「...
thumbnail image >テスラ(TESLA)

サイバートラックの納車を待てない男たち!今回は「木製」サイバートラックを製作しオフロード競技に参加する猛者が登場

| サイバートラックほど「発売前にさんざんレプリカが作られた」クルマもほかに無いだろう |そのホームメイドっぽい外観に好感が持てるさて、最近ようやく「最終デザインが決定した」と言われるテスラ・サイバートラック。本来であれば年内にもデリバリーが開始される予定だったものの、最新の報道では「2022年の納車にもつれこむ」とも。これはサイバートラックの開発に遅れがあるわけではなく、大人気のモデルYの生産を...
お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました