レストモッド

thumbnail image デザイナー

あの「ストラトス・ゼロ」が現代に蘇ったら!新進気鋭のデザイナーによる「ストラトス・ゼロ・レストモッド」がカッコいい

| 今なおストラトス・ゼロは多くのデザイナーにインスピレーションを与え続ける |現代のストラトス・ゼロは初代とは異なり、「ドア」があるようだCGデザイナーによる「ランチア・ストラトス・ゼロ・レストモッド」が公開され、あまりにカッコいいと話題に。「ランチア・ストラトス・ゼロ」は1970年に発表されたコンセプトカーで、デザインはベルトーネ(おそらくはマルチェロ・ガンディーニ)が担当し、「可能な限り低い...
thumbnail image >ポルシェ(Porsche)

ポルシェ911を仮想世界で「エレクトリック化」!930世代と992世代の特徴をかけあわせたポルシェ930レストモッド・エレクトリック登場

| 今後、実際にポルシェ911のエレクトリック・レストモッドが増えるかもしれない |将来的に登録済みガソリン車にも乗れなくなったり、ガソリン車の修理がパーツ不足でできなくなる可能性もさて、レンダリングアーティストのマッテオ・ジェンティーレ氏が「ポルシェ930レストモッド・エレクトリック」なる作品を公開。文字通り930世代のポルシェ911をエレクトリックカーへとレストモッドしたという設定ですが、空冷...
thumbnail image カスタム

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のフェラーリ・テスタロッサを(バーチャルで)レストモッド!エアロパーツにワイドフェンダー装着、この上なくアグレッシブなルックスに

| その名はフェラーリ「ウルフ」テスタロッサ |全幅1980ミリのテスタロッサをワイド化すると、もう公道を走るのが難しくなりそうださて、誰がなんと言おうと間違い無いのが「テスタロッサはひとつのフェラーリの象徴」だということ。参考までに「テスタロッサ」とはイタリア語で「赤い頭」を意味し、これはフェラーリのかつてのレーングカー(250TRや500TRなど)に用いられたエンジンヘッドカバーがレッドにペイ...
thumbnail image カスタム

アーティストの考えたポルシェ「930レストモッド」!930ターボをベースに現代風(未来風?)要素を盛り込んだ一台に

| 現在の技術でも十分に実現可能であり、どこかのチューナーやショップが作りそうだ |ディティールにはシンガーDLSの影響も強く見られるさて、これまでにも数々のポルシェ911のレストモッド、そしてレンダリング(バーチャルカスタム)が登場しており、今回はマッテオ・ジェンティレなるアーティストが「PORSCHE 930 RESTOMOD」と題した一連のCGを公開。これは文字通り「930ターボ」を現代風に...
thumbnail image カスタム

かつてのアルファロメオ・ジュリアGTに現代ジュリアのエンジンを積んだレストモッド登場!22台限定、価格は5200万円

| ここ1~2年、急激にレストモッドビジネスが盛んになってきたようだ |続々と過去の名車が現代の技術で蘇るのは喜ばしいさて、ここ最近脚光を浴びているのが「レストモッド」。これは「レストア+モディファイ」をかけあわせた造語で、過去の車を現代風にカスタムする行為全般を指しています。そしてこれは「個人」で行う場合もあれば「ショップ」が行う場合もあり、もしくはジャガーのように「自動車メーカー」として取り組...
お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました