フェラーリ

thumbnail image カスタム

「時代を超越したエレガンス」!フェラーリが自社にてカスタムした812GTSを公開。インテリアは「非カーボン」、そしてヴィンテージレザーを使用

| ここしばらく、フェラーリのフロントエンジンモデルには「エレガントな仕様」が増えているようだ |ガソリン世代「最後」のクルマを長期保存しようと、時代に左右されないカラーを選んでいるのかもさて、フェラーリが自社のパーソナリゼーションプログラム、「テーラーメイド」にてカスタムした812GTSを公開。この角度から812GTSを見る機会はなかなかなく、しかし812スーパーファストのリアウインドウに該当す...
thumbnail image カスタム

ドアミラーはGT3マシン風!ノヴィテックによるフェラーリF8スパイダーのチューニングキットが発売に。エキゾーストシステムは純銀コーティング、0-100km/h加速は2.6秒

| チューニングメニュー次第にて最高出力は802馬力 |全てのパーツを装着すれば1000万円くらいはかかりそうださて、フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンのチューンを得意とするノヴィテック(ノビテック/NOVITEC)。今回はフェラーリF8スパイダーのチューニングプログラムを発表していますが、F8トリブート自体が発表から2年経過しているだけに「ノヴィテックがまだF8スパイダー用のチューンを手掛...
thumbnail image カスタム

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のフェラーリ・テスタロッサを(バーチャルで)レストモッド!エアロパーツにワイドフェンダー装着、この上なくアグレッシブなルックスに

| その名はフェラーリ「ウルフ」テスタロッサ |全幅1980ミリのテスタロッサをワイド化すると、もう公道を走るのが難しくなりそうださて、誰がなんと言おうと間違い無いのが「テスタロッサはひとつのフェラーリの象徴」だということ。参考までに「テスタロッサ」とはイタリア語で「赤い頭」を意味し、これはフェラーリのかつてのレーングカー(250TRや500TRなど)に用いられたエンジンヘッドカバーがレッドにペイ...
thumbnail image ハイブリッド

EUの2035年ガソリン禁止に対するイタリアンスーパーカー免除案にポルシェが「待った」。「脱炭素化社会には皆が等しく貢献すべきだ」

| ポルシェからすると、自社が今まで経験した苦労や投じた資金を否定されるように感じたのかもしれない |ただし2035年までには何があるかわからず、まだまだ先行きは不透明欧州連合(EU)は、2035年までにガソリンとディーゼルエンジンを搭載したクルマの販売を禁止するという政策を提案しており、この提案はまだ法律化されていないものの、もし法制化されると各自動車メーカーは今まで以上にエレクトリック化への対...
thumbnail image ■そのほか車関連のネタなど

ランボルギーニ初の女性役員が中国・紅旗のハイパーカー部門へ!フェラーリやBMWの元重役たちと1400馬力のハイパーカー「S9」を開発

| いかに大金を積まれても、先が見えず、一方的に首を切られたりしそうな中国系企業へと移るのはちょっと怖い |紅旗はどうやら本気でハイパーカーを発売するようださて、中国の自動車ブランド、紅旗がハイパーカー「S9」を生産するためSilkとともに立ち上げた「Silk-FAW」。これまでにも元フェラーリCEOのアメデオ・フェリーサ氏やフェラーリ、アルファロメオ、BMWの元役員であるロベルト・フェデリ氏、フ...
thumbnail image スーパーカー

「フェラーリはよく燃える」説が数字にて立証される!フェラーリはトヨタの19.2倍、ポルシェの4倍も燃えていた

| 「フェラーリがよく燃える」というのはてっきり都市伝説だと考えていたが |一方、ランボルギーニはほとんど燃えていなかったさて、ベストカーにてちょっとおもしろい記事が掲載されていたので、ここで紹介したいと思います。その記事とはズバリ「フェラーリが燃えやすいというのは本当か」というもので、実際に統計を取ってみたところ「フェラーリが燃えやすいというのは本当だった」という内容。記事にはいくつか驚きのデー...
thumbnail image カスタム

フェラーリがF8トリブートの自社カスタムを公開!シルバーにシルバーのストライプ、そしてシールドエンブレムは「ペイント」仕上げ

| 陰影が出やすいシルバーだとその複雑なデザインがよくわかる |近年のフェラーリで「シルバー」を選ぶ例はかなり珍しいフェラーリは自社によるパーソナリゼーション部門「テーラーメイド」を持ちますが、今回はそのテーラーメイドにてカスタムしたF8トリブートを公開。テーマは「クラシックとスポーツとの間(はざま)」だとされ、ボディカラーは「Grigio Coburn」、ストライプは「 Argento Nurb...
thumbnail image >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

2021年8月のブランド別輸入車登録台数!全般的に好調だがアルファロメオ、アルピナが謎の「前年比3倍」。嗜好性の強いアメ車もよく売れている模様

| ここ最近の輸入車は個性が強く、国産車からの乗り換え組も多いと聞く |輸入車ブランドは「前年比マイナス」を探すほうが難しいさて、2021年8月の輸入車国内登録台数。全ブランド合計だと10,514台(前年比102.6%)と好調で、1-8月の累計でも117.0%という高水準。そしてここ数ヶ月の傾向を見ていると、メルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン、BMW、アウディ、ミニといったあたりがやや振るわず...
thumbnail image >ランボルギーニ(Lamborghini)

ランボルギーニとフェラーリが「2035年以降はガソリンエンジン禁止」規制から特例として除外される可能性があるようだ!認められれば2035年以降もガソリンエンジン車の生産と販売が可能に

| 現在、元フェラーリ役員だったイタリア環境移行担当大臣がEUへと働きかけ中 |この「特例」はなんとしても認めて欲しいさて、EUは2035年に「ガソリンエンジン搭載車の販売」を全面的に禁止する方向ですが、マリオ・ドラギ政権の閣僚によると、イタリアは、フェラーリやランボルギーニ などのスーパーカーメーカーを「2035年までに予定されている内燃機関自動車の廃止から守る方法」について、欧州連合(EU)と...
thumbnail image ジャガー

いいなコレ!イタリアの会社ががミニ、ジャガー、ポルシェ、フェラーリなど名車をモチーフにしたボートを発売するようだ

| ただし著作権的にはヤバいのかもしれない |こういったボートが洋上に増えるとけっこう楽しいさて、「フローティングモーターズ(Floating Motors)」なる会社がちょっとおもしろい製品群を公開。簡単に言うとフィアット500,ミニクーパー、ジャガーE-Typeなどを模したキャビンを持つボートですが、同社いわくこれらを「レスト・フローティング(Resto-Floating)」と呼んでおり、これ...
thumbnail image ハイパーカー

【動画】人気ユーチューバー、ピニンファリーナ・バッティスタに試乗!ドライブモードに合わせて変化する「EVサウンド」には要注目

| ピュアEVはガソリン車とは異なる世界観をアピールすることで優位性を構築できるか |ハイパーEVがどこまでガソリン車に(人気の面で)迫れるかは要注目さて、我らがShmee150氏がピニンファリーナ初の乗用車にしてスーパーカー、「バッティスタ」のレビューを公開。ピニンファリーナは1930年にイタリアにて設立されたデザインカンパニー&カロッツェリアで、これまでに多くのフェラーリをデザインしてきたこと...
thumbnail image ランボルギーニ

パガーニを6台所有しウアイラRの納車を待つ男!フルカスタムが施されたワンオフモデルの「ゾンダAY」がデリバリーされる

| これだけパガーニを揃えるオーナーも珍しい |しかもさりげなくブガッティを2台所有さて、パガーニ・ゾンダの最新カスタムバージョン、ワンオフモデルの「ゾンダAY」が登場。これはカーコレクター、マイク・イン氏のもとへと納車されたもので、これまでに公開されたゾンダのいずれとも異なる外観を持っています。なお、ゾンダはウアイラの先代に相当するモデルですが、ウアイラに切り替わったのちにも多くのファンがゾンダ...
thumbnail image >ランボルギーニ(Lamborghini)

【動画】元フェラーリ、マクラーレンのデザイナーがランボルギーニ・カウンタックLPI800-4を斬る!「未来への繋がりが足りないな。オレだったらこうする」

| 実際に自身でデザインを作成、たしかに「未来」が見えてくるようだ |どちらのカウンタックも甲乙つけがたいさて、ピニンファリーナではフェラーリを、そしてマクラーレンやBMWといった自動車メーカーでも多くのクルマを30年に渡り手掛けてきたデザイナー、フランク・ステファンソン氏。マクラーレンを退職した後はさまざまな業界横断的なデザインプロジェクトや製品、デザインソリューションに取り組んでおり、YouT...
thumbnail image カスタム

内外装レッド!フェラーリが330 P4風なカスタムが施された「モンツァSP2」を公開

| フェラーリはその「豊富なレーシングヘリテージ」によって、カスタムのインスピレーションには事欠かない |これほどまでに全身でフェラーリを主張するクルマも珍しいさて、フェラーリは自身のFacebook上にて、たびたび自社のパーソナリゼーション部門「テーラーメイド」にてカスタムした車両を公開していますが、今回は美しいモンツァSP2を公開。ボディカラーはロッソコルサ、ストライプにはジアッロモデナを用い...
お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました