ガソリン

thumbnail image >ポルシェ(Porsche)

ポルシェがCO2を90%削減できるガソリン代替燃料生産工場を南米に建設、2022年から量産を開始。これによってガソリン車存続の道が開けるか

| ただしこの代替燃料「eFUEL」製造には多大な電力を必要し、そのために発電を行うと結局CO2が増加するらしい |ポルシェが一般にこの燃料を販売するのかどうかもナゾさて、ポルシェは先般より「ガソリン車を、電気自動車よりもクリーンにできる」代替燃料”eFUEL”の開発を進めていると発表していましたが、このたび実際にそのeFUELを製造するための工場を南米パタゴニア北部に建設し、操業を開始したとアナ...
thumbnail image ハイブリッド

EUの2035年ガソリン禁止に対するイタリアンスーパーカー免除案にポルシェが「待った」。「脱炭素化社会には皆が等しく貢献すべきだ」

| ポルシェからすると、自社が今まで経験した苦労や投じた資金を否定されるように感じたのかもしれない |ただし2035年までには何があるかわからず、まだまだ先行きは不透明欧州連合(EU)は、2035年までにガソリンとディーゼルエンジンを搭載したクルマの販売を禁止するという政策を提案しており、この提案はまだ法律化されていないものの、もし法制化されると各自動車メーカーは今まで以上にエレクトリック化への対...
thumbnail image >ランボルギーニ(Lamborghini)

ランボルギーニとフェラーリが「2035年以降はガソリンエンジン禁止」規制から特例として除外される可能性があるようだ!認められれば2035年以降もガソリンエンジン車の生産と販売が可能に

| 現在、元フェラーリ役員だったイタリア環境移行担当大臣がEUへと働きかけ中 |この「特例」はなんとしても認めて欲しいさて、EUは2035年に「ガソリンエンジン搭載車の販売」を全面的に禁止する方向ですが、マリオ・ドラギ政権の閣僚によると、イタリアは、フェラーリやランボルギーニ などのスーパーカーメーカーを「2035年までに予定されている内燃機関自動車の廃止から守る方法」について、欧州連合(EU)と...
thumbnail image ■そのほか車関連のネタなど

ヒュンダイの高級ブランド「ジェネシス」が2025年のフル電動化を表明!加えて「空」への参入も匂わせる。なお、ほか自動車メーカーはこんな電動化計画を持っている

| ヒュンダイ/ジェネシスは他の自動車メーカーとはちょっと変わった未来像を描いているようだ |各自動車メーカーとも方針は様々だが、現時点では「どれが正しい」のかはわからないさて、「なにか重大な発表を行う」とコメントしていたヒュンダイの高級ブランド「ジェネシス」。今回その発表を行い、2025年以降発売する新型車にはすべてピュアエレクトリックパワートレーンを搭載し、2030年にはゼロエミッション車を8...
お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました