■新型車情報/スパイフォト/噂など

thumbnail image ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ソニーは「ヴィジョンSコンセプト」の開発を継続中なるも、現時点ではその方向性が定まらず「何ができるのか、どういったクルマにすべきか」思案中

| おそらくヴィジョンSコンセプトが市販されるのは間違いなさそうだが |そしてアップルカーよりも先に登場することになりそうださて、もう一年近く「アップルカー」に関する話題が飛び交っている状態ですが(最初に話が出たのは10年以上も前)、やはり電子機器業界に属するソニーも自動車業界への参入可能性を探っており、2020年1月には「ヴィジョンSコンセプト( Vision-S Concept )」を発表して...
thumbnail image ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型コルベットZ06のV8フラットプレーンクランク採用エンジンは「3つの世界記録」を達成?「排気量、トルク、出力」において歴史に名を残す可能性

| ガソリンエンジン世代最後の「名機」として名を残す可能性が高い |おしらくシボレーはそのプライドにかけてほかを圧倒してくるだろうさて、すでにティーザーキャンペーンが開始され発表までカウントダウンとなったC8世代のシボレー・コルベットZ06。これはレーシングバージョンであるC8.Rと多くを共有するフラットプレーンクランク採用エンジンを搭載することが確実視されており、このエンジンは「3つの世界記録」...
thumbnail image ■新型車情報/スパイフォト/噂など

マツダ関係者が「FR+直6エンジン搭載の新型SUVは2022年登場」と語る!やはり名称はCX-50が濃厚、CX-5との関係は?

| CX-5のマイナーチェンジを実施したばかりにもかかわらず、同セグメントのSUVを投入する意図は? |最近のマツダの行動には謎が多いさて、オーストラリアのカーメディア、Driveによると、マツダの「FR」レイアウト採用となる新型SUVは2022年に発表される、とのこと。これはマツダオーストラリアのマネージングディレクター、ビネシュ・ビンディ氏が語った内容として伝えられ、しかし具体的なスペックや名...
thumbnail image ■新型車情報/スパイフォト/噂など

「結局、アップルに興味を持つ会社は1社もなかった」。アップルはどこからも見放され、やむなく自社でアップルカーの開発を行うことにしたとの報道

| やはりアップルの要求はあまりに「アップル寄り」に過ぎたのかもしれない |アップルカーが発売されるにしても、今から4年はかかる模様さて、アップルが自動車業界に参入すると報じられてはや6年。いったんはウワサが途絶えたものの、この1年で様々な報道が登場し、その実現性が高まっているようにも思えますが、今回は韓国から「やっぱりアップルは自社でアップルカーを開発することにした」というウワサ。ただしアップル...
thumbnail image ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型マツダCX-5の予想CG登場!流出したマイナーチェンジ版画像をベースにしており、この姿で登場するのは「確定」と考えて良さそう

| マツダは今後「ラージ商品群」を発売するが、既存車種とどうデザイン的差別化を図るのか? |現在のデザイン言語は長い間採用されており、そろそろリニューアルしてもいいかもしれないさて、先日は中国の工業情報化省から流出した画像が韓国カーメディアによって広くリークされてしまった新型マツダCX-5。これはフルモデルチェンジではなくマイナーチェンジモデルとなりますが、偽装のない状態にてはっきりと捉えられてお...
thumbnail image ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】いったい何しにここへ?ヒュンダイ・ジェネシスG90の試作車がニュルを走行→あまりにボヨンボヨンした挙動を見せてほかのクルマの障害物に

| しかもロールケージ装備。おそらくは限界時の挙動を試しているものと思われる |それにしてもこれほどニュルブルクリンクと不似合いなクルマも珍しいさて、ヒュンダイの高級ブランド「ジェネシス」の最上位モデル、「G90」の次世代試作車がニュルブルクリンクを走る姿が目撃。ジェネシスG90のプロトタイプはこれまでにもなんどか目撃されており、ニュルブルクリンクそのものも珍しくはありませんが、奇妙なのは「ジェネ...
thumbnail image ■新型車情報/スパイフォト/噂など

マイナーチェンジ版、新型マツダCX-5の画像が流出!新旧を比較して変更点を探してみた

| パっと見の印象は新旧CX-5で変化はなさそうだが、ヘッドライトやテールランプを光らせるとイメージが大きく変わりそうだ |画像流出は韓国経由、中国から?さて、2021年12月には日本国内で、そしてその他の地域では2022年にマイナーチェンジ(フェイスリフト)が行われると思われるマツダCX-5。今回は珍しく韓国から情報がリークされており、そのマイナーチェンジ後の画像が出回っていますが、2016年の...
thumbnail image ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アップルがトヨタとアップルカーに関する交渉を行っているとの報道!トヨタは以前に「アップルの自動車業界への参入は歓迎」とコメントしていたが

| アップルはなかなかそのサプライヤー、そして製造委託先を決めることができないようだ |ここまで来るとさすがに「実現しない」可能性は無さそうだがさて、昨年末〜今年はじめにかけて大きく世間を賑わせた「アップルカー」。ヒュンダイやマグナシュタイヤー、BMW、その他様々な相手と交渉を行ったと伝えられていますが、今回は「トヨタと協議中」とのウワサ。アップルが自動車を製造するという話はずいぶん前から存在しま...
thumbnail image ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ポルシェがリリースしたモーターショーのブース予想図にハイパーカーが見える?うっかり配置してしまった可能性があり、918スパイダー後継発売の可能性が高まる

| ただし、この様相図には「既存の素材」を使用しただけで、事実とは一致していない可能性も高いさらに、ポルシェはそれを承知でボクらを試しているのかもしれない ポルシェが謎のコンセプトカーのティーザー画像を公開!718ケイマン/ボクスター後継?それともマカン・エレクトリック?バ...
thumbnail image >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【動画】メルセデス・ベンツが「新型マイバッハ」を発表するようだ!おそらくはピュアエレクトリック、究極のラグジュアリーを体現か。「100年の時を経て、新たなスタートを切る時が来た」

| メルセデス・ベンツはマイバッハブランドを強化する意向を持っている |すでにメルセデス・ベンツEQSのマイバッハバージョンなど、様々な可能性が示唆されているさて、ミュンヘン・モーターショーに向けてメルセデス・ベンツがマイバッハのコンセプトカーを公開する模様。このコンセプトカーについてメルセデス・ベンツは多くを語っておらず、わかっているのは今回のティーザー動画から読み取れる「全閉フロントグリル」、...
thumbnail image ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ポルシェが謎のコンセプトカーのティーザー画像を公開!718ケイマン/ボクスター後継?それともマカン・エレクトリック?バンパーには「M」の文字も

| ポルシェには、「スポーツカーには3ケタの数字、サルーンやSUVには名前」という命名上の決まりがある |ただしエレクトリック時代に突入し、これまでの「法則」も変わってくるのかもさて、ポルシェは先日「新型コンセプトカー」のティーザー画像を公開していますが、今回もまた新型コンセプトカーにつき一枚の画像を公開。これはミュンヘン・モーターショー(IAA)にて公開されるモデルではありますが、ポルシェがモー...
thumbnail image ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型テスラ・ロードスターの発売はさらに遅れて2023年に!コンセプトの登場が2017年なので「6年越し」のプロジェクトに。なお理由としてはチップ不足含むサプライチェーンの問題

| おそらくは新型ロードスター同様、新型車を発売できないメーカーも多そうだ |このチップ不足はどうやら想像を絶する問題へと発展しそうさて、テスラCEO、イーロン・マスク氏の最新のツイートによると、新型ロードスターの発売(納車)がさらに遅れ、2023年となる模様。この新型テスラ・ロードスターは2017年にコンセプトモデルが発表され、当初の予定だと2020年にデリバリーされる予定だったものの、その後「...
thumbnail image ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産がフェアレディZの「将来」について早くも言及!「需要がある限りZは継続させる。絶対にだ」。ただし新型Zの販売動向が鍵を握る

| フェアレディZは単なる製品の枠を超えて「もはや文化」 |ただし日産にそのための資金があるかどうかはちょっと疑問さて、発表以後も様々な方面で話題になっている新型フェアレディZ。やはり話題のメインはその価格で、400馬力というハイパワーにもかかわらず、その価格が北米では4万ドル(日本円で440万円くらい)に抑えられるであろうことがウワサとなっているわけですね(ただ、様々なオプションパッケージが用意...
thumbnail image >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

800馬力オーバー、PHEV化された新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペの最新ティーザー画像投下!ライバルはポルシェ・パナメーラ・ターボS Eハイブリッド

| 重量増加によってサーキットでのパフォーマンス向上は難しいと思われるが、メルセデスAMGだけに”ニュル最速”を狙ってくるかも気なるのは重量。ポルシェ・パナメーラのように「200kg増加」は避けられない?さて、先般より情報がチョコチョコ小出しにされているメルセデスAMG GT 4ドアクーペの「プラグインハイブリッドモデル」。これは9月にミュンヘンで開催されるIAAにて公開されることになるかと思われ...
thumbnail image ■新型車情報/スパイフォト/噂など

マツダがロータリーエンジン型の商標を出願!中央に「e」が見えるため電動化車両用だと思われるが、組み合わせるカラーは「オレンジ」

| このエンブレムが、ロータリーエンジンをレンジエクステンダーとして積む車両に使用されることはおそらく間違いないだろう |マツダは「オレンジ」にて力強さや躍動感を表現したい?さて、マツダが新たなる商標として「ロータリーっぽいエンブレム」を出願した、とのこと。これは「 つらつらとMAZDA 」にて紹介されているもので、このエンブレムのほか、「e-SKYACTIV R -Energy(出願番号2021...
お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました