トヨタが「bZ4Xでは10年後のバッテリー残存率90%を目指す」と発表!なおプリウスPHVでは60〜65%にとどまる

thumbnail image| 現在、バッテリー容量残存率は”10年で半分が常識”とも言われるが |それを考えるとトヨタの計画はあまりに野心的と考えられるさて、トヨタは、バッテリーと電動化に関するカンファレンスにおいて、新型電気自動車のバッテリーの耐久性を大幅に向上させることを発表。この「新型電気自動車」とはつまりbZ4Xの市販モデル、そしてそれ以降のBEVを意味しますが、具体的には10年間の使用で初期のバッテリー容量(およ…

このサイトの記事を見る

お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました