ジープ コンパス 改良新型にPHV、オフロード仕様も登場…欧州設定(210410)

ステランティス傘下のジープブランドは4月6日、改良新型『コンパス』(Jeep Compass)に、プラグインハイブリッド車(PHV)の「4xe」を設定すると発表した。

コンパスは欧州市場において、PHVテクノロジーを備えた最も人気のあるSUVのひとつだ。欧州で販売されているコンパスの約4分の1は、4xe。 4xeは、イタリア本国で最も売れているPHVになるという。

コンパス(Compass)は、ジープブランドで販売されるクライスラーの小型クロスオーバーSUVである。 公道での走行を主にする、ジープへのエントリー者向けの車両として販売されており、オフロード向けではなく、悪路走破性能も他のジープ車に劣っている。そのため、トレイルレイテッドバッジも付けられていない
6キロバイト (615 語) – 2021年2月22日 (月) 15:20

タフでワイルドなイメージが強いジープブランドの中にあって、より都会的でスタイリッシュなデザインを纏って誕生したモデル。一見すると都会的なフォルムだが、7本のスリット状グリルや角ばったフェンダーアーチ、機能的なインテリアには、伝統あるジープのデザインが生きている。扱いやすいボディサイズと十分な広さの室内で、デイリーユースから旅行まで幅広くカバーする。駆動方式にはFFと4WDがラインナップされる。

お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました