損害賠償をどう考えるか

損害賠償とは何でしょうか?

 損害賠償とは損害を与えてしまった人がその損害を償うことです。
 これを法律で明記しているのは、民法第709条です。
 しかし、損害賠償を受けるためには、損害賠償請求によって利益を得る者が以下のことを立証しなくてはいけません。

   1.加害者の側に故意または過失があること
   2.加害者の行為が違法であること
   3.事故と損害に因果関係があること
   4.損害があったこと

 でも、これらを立証するのはとてもむずかしいことです。
 たとえば、加害者の故意または過失というのは、加害者の心の中のことなので立証するのが困難なのは想像がつくことと思います。

 そこで被害者救済のためにできたのが、自動車損害賠償保障法(自賠法)なのです。
 自賠法では、立証責任が被害者ではなく加害者にあります。
 加害者は以下のすべてを立証しなければ損害賠償責任を負わなければなりません。

   1.運転者(運航供用者を含む)に過失がなかったこと
   2.被害者か運転者以外の第三者に故意または過失があったこと
   3.自動車に構造上の欠陥または障害がなかったこと

*自賠法は人身事故に限られているので、物損事故は民法第709条が請求の根拠になります。

請求できる損害は3種類

交通事故による損害は次の3種類に分けられます。

   1.積極損害・・・事故によって被害者が支出しなければならなくなった損害
      治療費、車両の修理費、葬儀費用など
   2.消極損害・・・事故に遭わなければ得られた収入、事故に遭ったために失われた損害
      休業による損害、逸失利益など
   3.慰謝料・・・肉体的、精神的な苦痛に対して支払われる賠償金
      被害者が死亡しても遺族に支払われる

どんなものが積極損害か

人身事故の積極損害 
   1.治療関係費
   2.付添看護費
   3.通院交通費
   4.義肢等の装具費
   5.葬儀費
   6.その他・・・入院雑費、弁護士費用
物損事故の積極損害
   1.車両の積極損害
    (1)修理費用
    (2)評価損
    (3)代車使用料
   2.車両以外の積極損害
    (1)建物の修理費
    (2)物品の修理費、交換費など

どんなものが消極損害か

人身事故の消極損害
   1.休業損害
    (1)給与所得者・・・事故前3か月間の収入を元に計算
    (2)個人事業主・・・事故の前年の所得税確定申告所得を元に計算
    (3)家事従事者・・・女子平均賃金の一日の収入を元に計算
   2.後遺障害による逸失利益
   3.物損事故による逸失利益
物損事故の消極損害
   1.休車の損害・・・タクシーやトラック(運送会社)が休業している間に見込まれる損害
   2.営業の損害・・・営業できなかったために失われた利益分の損害

どんなものが慰謝料か

 被害者の精神的ショックは第三者が容易に判断できません。
 そのため、一定の基準が設けられていて定額化されています。
 慰謝料が増額されるケースもあります。
   1.傷害慰謝料
   2.後遺障害慰謝料
   3.死亡慰謝料
 慰謝料が増額されるケース
   1.加害者の過失の大きさ
   2.事故後の態度など
   3.逸失利益で算定しにくい項目

損害賠償額を決まる算定基準は3つある

   1.自賠責保険基準・・・自賠法に支払基準が明記。補償がいちばん少ない
   2.任意保険基準・・・各保険会社の支払基準。保険の自由化以前は統一基準があった。現在も統一基準を提示する保険がある。
   3.弁護士会基準・・・弁護士会が過去の判例を元に作成した基準。
*損害賠償額が一番多いのは「弁護士会基準」です。判例を元に作成しているので裁判に持ち込んだ場合に認められる金額です。

更新日:

お見積りフリーダイヤル

Copyright© 自動車ルンルン , 2018 All Rights Reserved.